北海道インバウンドDATABASE
サイト内検索

このサイトについて 交通・運輸関係 Traffic and Transport パンフレット Pamphlet
パンフ検索 Pamphlet Search

国などの動き

日本版DMO候補法人の登録制度の創設について【観光庁】

人口減少・少子高齢化に直面する我が国の最重要課題である「地方創生」において、観光は旺盛なインバウンド需要の取り込みなどによって交流人口を拡大させ、地域を活性化させる原動力となります。
こうした取組を進めるためには、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役としての役割を果たす「日本版DMO」(Destination Management / Marketing Organization)を、今後、全国各地域において形成・確立し、これを核とした観光地域づくりが行われることが必要です。
このような背景を踏まえ、「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づく観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人である日本版DMOの形成・確立を支援するため、観光庁において日本版DMOの候補となりうる法人「日本版DMO候補法人」を登録する制度を創設します。
この日本版DMO候補法人の登録制度により、
(1)地域の取組目標となる登録要件の提示による日本版DMOの形成・確立の促進
(2)関係省庁が日本版DMOの形成・確立を目指す地域の情報を共有することによる支援の重点化
(3)日本版DMO候補法人の間の適切な連携を促すことで、各法人間の役割分担がされた効果的な観光地域づくり
等を実現することとしております。

日本版DMOの役割などの概要や登録制度等については、下記資料及びリンク先をご覧下さい。

「日本版DMO」を核とする観光地域づくりに対する支援メニュー集(平成29年度政府予算案版)

北海道観光推進戦略・観光立国実現に向けたアクションプログラム

 

北海道観光推進戦略【平成25年3月・運輸局】

北海道観光推進戦略策定の趣旨・位置づけ(概要版より抜粋)

北海道観光を推進するため、中期(3〜5年)更には長期の視点に立って、道内の観光に関わる主な機関・団体・民間事業者・住民等の広域な主体がベクトルを合わせ、「いまあるモノ、コトを掘り起し磨き上げ、新連携・新結合で観光を通じた高付加価値実現と持続可能な地域づくりを総がかりで目指す」ための戦略として策定されています。

目次

1.北海道観光推進戦略の策定の趣旨・位置づけ
2.北海道観光の振興を通じて実現を目指す価値
3.北海道観光を取り巻く状況と主な課題
4.北海道観光振興のための戦略指針
5.価値実現を目指す戦略展開

観光立国実現に向けたアクションプログラム2015【平成27年6月・観光庁】

平成29年度北海道観光審議会答申(案)

北海道観光審議会とは「北海道観光のくにづくり条例」に基づき設置された知事の附属機関であり、北海道の観光振興に関する重要事項についての調査審議を行っています。平成30年2月に以下答申案が公表されました。
(1)「北海道観光のくにづくり行動計画」(平成30年度~平成32年度)(案)
   ・北海道観光のくにづくり行動計画(案)の概要(pdf:369KB)
   ・北海道観光のくにづくり計画(案)(pdf:1.53MB)
(2)「観光振興に係る新たな財源確保に向けた検討」に係る答申(案)
   ・観光振興に係る新たな財源確保に向けた検討について答申(付属資料)概要(pdf:198KB)
   ・観光振興に係る新たな財源確保に向けた検討につい答申(付属資料)(pdf:1.94MB)
(3)「北海道アウトドア活動振興推進計画」(平成30年度~平成32年度)(案)
   ・北海道アウトドア活動振興推進計画(案)概要(pdf:92.2KB)
   ・北海道アウトドア活動振興推進計画(案)(pdf:1.51MB)
詳細は北海道庁ホ-ムページを参照ください。

  • 「平成29年度北海道観光審議会報告資料」(北海道庁のページ)
  •                 

    北海道外国人観光客来訪促進計画[H28.4改定](北海道)

    北海道外国人観光客来訪促進計画

    < 1 2

    PAGE TOP